みんなのFXの評判・特徴

みんなのFXの強み・評判について【初心者トレーダーにもおすすめ】

このサイトはFX取引業者の中でも、特に人気のある「みんなのFX」を徹底的に調べ上げたものです。

 

 

 

FXで取引を開始する前に、少しでも心理的不安を取り払えるよう主に初心者の方達から支持を得る為に作りました。しかし、上級者や「みんなのFX」の口座を開設している人達からも納得をして貰えるよう努力したものです。

 

FXで利益を出すには、有名な言葉で「神は細部に宿る」というものがあります。徹底的に細かく分析する事で何かが見える事があり、それが利益に繋がる事になれば幸いだと思っています。FXで利益を出すには、手法・資金管理・精神面が最重要です。

 

そして次に来るのが、証券会社(取引業者)選びなのです。

 

例えば、操作がしやすくスプレッドが低く、そして約定しやすい業者を選ぶだけでも取引が円滑に進み、勝てる可能性が数%でも高くなる事があります。数%の勝率を侮ると、決してこの投資の世界では勝ち残る事ができないと思います。

 

なぜなら、それは勝つ為の徹底した努力をしていない事で、心に甘えが存在しているからです。投資で利益を出せるのは年間10%ほど、それが毎年入れ替わる椅子取りゲームです。その中で常に勝ち続けるには、並外れの努力では生き残る事ができないのです。

日本国内にはどのようなFX取引会社があるのか?

そもそもの素朴な疑問があります。いったい日本国内には何社のFX業者が存在するのか?

 

有名な会社ではDMM FX、外為オンライン、GMOクリック証券、外為どっとコム、外為ジャパン、YJFX!、LION FXなどがあります。これ以外にも大小様々な会社がFX業界に参入しているのでその数は約100社程度と言われています。私も正確な数は不明で、有名業者以外は分かりません。

 

その中にはフィリップ証券、カネツFX証券など初めて聞いた会社もあります。逆に考えるとそれだけ業者もひしめき合い、顧客獲得に必死なのでしょう。

 

それなら私の様な弱小個人投資家ができる事は一つしかありません。自分に最適な取引業者を選び、それを徹底的に解剖する事です。それが先ほどの勝ち残り椅子取りゲームに通ずる点があるのです。 

「みんなのFX」の特徴を検証

まずみんなのFXの特徴としては 

 

ホームページ上に書いて有る通りに

 

  1.スプレッドが狭い
  2.取引手数料が無料
  3.操作性抜群のモバイルツール充実
  4.初心者でも安心の1000通貨取引
  5.安心して取引できる全額信託保全
  6.24時間電話サポート

 

となっています。これらについて順番に解説していきます。

 

1.スプレッドが狭い

まず、1.スプレッドに関してですが

 

 
まず日本国内で最も取引される米ドル/円は0.3銭となっています。

 

そしてユーロ/円や英ポンド/円もそれぞれが0.6銭と1.0銭なので安いですし、謳い文句である業界最高水準というのに嘘偽りはありません。しかし、これは円ペアに限った事だと言えます。円とペアにならない通貨のスプレッドは決して低いとは言えません。

 

   
※左側が「みんなのFX」、右側が「DMM.com証券」となります。

 

比較して分かって貰えると思いますが、例えばユーロ/英ポンドなどはこれだけの違いがDMM.com証券とあります。

 

円ペア以外の通貨は取引しないから関係がないと思う人も多いと思いますが、スプレッドを下げるのは証券会社の企業努力やイメージ、信用性に直結するのでマイナー通貨で人気がないからスプレッドが高いのは個人的にはあまり好きではありません。

2.取引手数料が無料

これは、今人気ある取引業者は全部と言っていいほどが取引手数料無料なので、云わば当然であり常識です。これを特徴の2番手に持ってくるあたりが、多少残念さが滲み出ていますが今後に期待したいです。しかしFX初心者には情報開示として大事な事です。

 

注意すべき点は、自分の銀行口座からダイレクトに入出金するサービスです。これは未だに対応していない銀行もあり、中にはスマホだけ未対応などがあります。私個人は以前はゆうちょ銀行を主に利用していましたが、現在は別の銀行に変更しました。

 

 

これは盲点でもあるので、取引手数料無料の言葉を過信せず、自分の銀行が対応しているか調べるべきで、他の証券会社でも同様に注意すべきです。

3.操作性抜群のモバイルツール充実

スマホや携帯などの端末からも操作が可能となっております。しかし、これも現在のFX業者ではとりわけ珍しい事ではなく、当たり前だと言えます。
アプリケーション動作環境は、  
  iPhone…iOS6以上
  Android…OS 4.0以上
  MOBILE…docomo、au、SoftBank対応
iPadに関してはパソコン取引と遜色ありませんが、スマホになると簡易的になり、モバイルになるとより一層簡易的なものとなります。因みにスマホツールは外為ジャパンと同じアプリという事で、独自性は残念ながらありません。

4.初心者でも安心の1000通貨取引

この1000通貨取引可能が「みんなのFX」の最も重要な点です。

 

現在、ざっと数えても30社ほどが1000通貨での取引が可能で、その中にはSBI FXトレードやOANDA JAPANのように驚きの1通貨から取引可能な業者もあります。また初回入金額や取引手数料などの条件も以前よりも緩和され、正直に言うと「みんなのFX」の強みはなくなりつつあります。

5.安心して取引できる全額信託保全 6.24時間電話サポート

この二つに関しては、最近の人気業者はほとんどが信託保全になっています。万が一の倒産時も安心という触れ込みですが、実際に経験してみないとどうなるか分かりません。出金するまでに時間がかかるイメージがありますが、どうなのでしょう。

 

電話サポートも、多くの人は使う事が無いと思います。高齢者など電話取引で使うのか、またはトラブル時の相談なのでしょうが、まず使う事はないはずです。

みんなのFXにメリットはないのか?

それでは、みんなのFXがよく比較される業者との違いを分析します。
 

 

この違いから判断出来るのは、みんなのFXは他の業者よりもスプレッドが狭く、またスワップポイントも高いという事です。

 

ヒロセ通商や外為ジャパンは、FX業者の人気ランキングで1位を争う常連なので、そこと比較して遜色なく勝っている点もある事は十分過ぎる結果と言え、メリットと断言しても良いでしょう。

みんなのFXにデメリットはないのか?

みんなのFXは以前は悪評が多く有りました。それは他の業者も同じなのですが、どうしてもFXに限らず投資というのは負ける人が多いので、その憂さ晴らしで必要以上に悪く書き込みストレス発散も兼ねている事が多々ありました。約定が悪い、取引システムが不安定など挙げればキリがありません。

 

それらが全部悪評と言えば、それはまた語弊があるかもしれません。しかしトレイダーズ証券のサポートとなってからは評判が良くなったのも事実です。自己資本比率の低さが指摘された事もありましたが、現在は改善され、他の大手業者と差がありません。

 

例えばチャートに関しても、多機能でカスタマイズも可能なのでこれで文句を付ける多くの業者でも同様に不満となります。粗探しをしないかぎり、初心者から上級者までもが満足できると思います。

取引システムについて

注文が行えるシステムはこの三種類になります。

 

・FX TRADER2
・FX TRADER
・FX WEB 

 

中でも史上最高の取引システムと謳っている「FX TRADER 2」は自信があるだけあり、使いやすいと言えます。

 

一画面に集約し、カスタマイズ可能なので文句ありません。取引する際に最も気になる、約定の拒否やモタ付きも無くスムーズな取引が可能です。

 

テクニカルチャートも、
 

 

これらのトレンド系とオシレーター系を網羅しているので十分でしょう。

 

続いて「FX TRADER」は短期取引に特化し、低スペックのPCでも重さを感じる事無く取引可能です。ワンクリックでの注文や一括決済も便利で扱いやすいです。さらにシンプルにしたのが「FX WEB」で、余計な情報がないので初心者向きの注文システムと言えます。

 

多くの業者がFX取引に導入しているソフトウェアのダウンロードも不要なので、より低スペックのPCでも不満なく取引が可能となっています。

現在行っているキャンペーン

 
FX取引を始める動機として、大金を稼ぐという気持ちよりもキャンペーンに遂釣られてという人も多く、私もそんな一人です。2016年4月9日現在で行っているのは、以下の4件となります。

 

  1.口座開設で最大2万円キャッシャバック
  2.twitterフォローの口座開設で最大3万円キャッシュバック 
  3.ポンド円取引で中華そばプレゼント
  4.豪ドル円取引で最大30万円キャッシュバック

 

まず、口座開設2万円キャッシュバックの条件は
2016年4月11日(月)9:00〜2016年6月30日(木)23:59まで
取引量は、10ロットから 500ロット未満で1万円または5千円となります。

 

500ロット以上で2万円または1万円となります。スマホアプリで取引した方が貰える金額が大きくなります。

 

 

続いて、twitterフォロー・3万円キャッシュバックは 

 

キャンペーン期間は、

 

2016年4月11日(月)〜2016年5月31日(火)

 

新規口座を開設し30日以内に10ロット以上の取引と、twitterフォローが条件となります。

 

ポンド円取引の中華そばキャンペーンは

 

キャンペーン期間は、

 

2016年3月16日(水)マーケットオープンから2016年4月17日(日)

 

100ロット以上で、東京らぁめんちよだ 中華そば、山形新旬屋麺 金の鶏中華。

 

200ロット以上で、東京らぁめんちよだ 中華そば、山形新旬屋麺 金の鶏中華に琴平荘 中華そば 塩が追加され、

 

500ロット以上で、東京らぁめんちよだ 中華そば、山形新旬屋麺 金の鶏中華、琴平荘 中華そば 塩にさらに富良野とみ川 石臼挽き中華そばが追加されます。

 

最後の豪ドル円の30万円キャッシュバック・キャンペーンは

 

キャンペーン期間は
2016年3月18日(金)マーケットオープンから2016年4月24日(日)まで

 

100ロット以上で1千円、1000ロットで1万円となり、3万ロット以上の取引で最大の30万円キャッシャバックとなります。

 

現時点ではこのようになります。キャンペーンで大事なのは、条件に当て嵌まるようにする事です。内容や期間を間違えると水の泡となるので注意して下さい。このキャンペーンは2016年4月10日現在で決定しているもので、他の業者と比較しても十分魅力的だと言えます。特に、口座開設2万円キャッシュバックは、取引量が10ロット以上で5千円のキャッシュバックなので、初心者でも十分可能な範囲だと言えます。

 

他業者も大手は頻繁にキャンペーンを行いますが、注意すべきは最高金額よりも最低金額です。宣伝としてどうしても金額を大きくアピールしがちですが、その最高額を実際にキャンペーンで貰うのは不可能だと言えます。条件達成可能な、最低金額をチェックする事がキャンペーンでは大事だと言えます。

みんなのFXがおススメな人は?

私は現在、口座開設した業者は5〜6社ほどありその中でも今は、みんなのFXを使っています。その理由はシンプルな取引システム、キャンペーン、1000通貨単位に惹かれたからです。後は「験を担ぐ」という事もあります。

 

FX歴が10年ほどなので、その間には紆余曲折があり、年間で負け越した業者を使わなくなった事で最終的に「みんなのFX」が残り、それからは少額ですが勝ち越せるようになりました。その運を逃がしたくなく、現在も使用しています。だからFXに興味があり、初めて取引する人に自信を持って勧められるかと言うと、そんな事はありません。

 

しかし世間で人気有る、ヒロセ通商や外為ジャパンとも遜色がなく、やや劣る程度というのは事実です。最終的には個人がそれぞれが決める事で、気分や勘で決めてもまったく間違いではありません。思い立った時に、キャンペーンを比較して気に入った方、または多くの業者の口座を開設すれば良いのです。

まとめ

個人的は「みんなのFX」で取引するようになってから、FXの「なんたるか」を掴んだような気がします。朧げながら、10年掛かって相場というものがやっと理解出来たと感じています。

 

2012年頃は1000通貨単位で取引できる業者が少なく、また手数料無料も珍しかったと記憶しています。1000通貨取引はとても勉強になったのです。その恩返しもあり、みんなのFXを分析するサイトを立ち上げ、今後はさらに充実させていきます。

 

以下、当サイトコンテンツよりみんなのFXの魅力を知ってください。

当サイトメニュー

トレードツール 

みんなのFXのトレードツールについて紹介、分析しています。「FX TRADER」「FX TRADER2」「FX WEB」それぞれの特徴、メリット・デメリットを初会しています。

 

スプレッド 

みんなのFXのスプレッドについて、他社比較分析しています。ドル円、ユーロ円といったメジャー通貨はトップクラスの狭さとなっていますが、もっとも強みを持っているのがポンド円で他社比較でも抜きんでています。

 

スワップポイント 

みんなのFXのスワップについて、他社比較分析しています。豪ドル円のスワップに強みを持っています。

 

キャンペーン

みんなのFXのキャンペーンについて、その概要、支給条件をまとめています。新規口座開設だけでもらえるものや、Twitterフォローや取引ボリュームによって支給されるものがあります。

 

情報ツール 

みんなのFXの情報ツールについて書いています。

 

みんなのバイナリー

みんなのFXが提供しているバイナリーオプションについてです。専門外なので、簡単に解説するにとどめています。

 

みんなのFX全般 

その他、FXコラムとして、みんなのFX全般について書いています。